トレイン趣味」オフィシャルサイト

HOME 作品ラインアップ ご案内 よくあるご質問
トレイン趣味!阪急京都線1Ver2.01

ダウンロード(Vector)

阪急京都線の上新庄〜茨木市間約8.5kmを準急で運転する実写版電車運転シミュレータ。

7300系、3300系の2車種を運転、特徴の異なる3つのダイヤを用意。
デジタル速度指示計
や阪急のATS表示器を忠実に再現、めまぐるしい信号変化とあいまってリアルな運転をお楽しみいただけます。
現地で録音した走行音はもちろん、踏切警報機音・ポイント通過音・列車のすれ違い音も再現。

 

作品の概要  バージョン情報  作品の詳細内容説明  スクリーンショット  デモムービー  ダウンロード(Vector)

※初めてお越しの方はご案内もお読みください。

作品の概要

実写映像による電車運転シミュレーションゲーム(フリーソフト)です。
実写映像・実際の電車の音を使用して、できるだけリアルに再現しています。

阪急京都線の上新庄〜茨木市間約8.5kmを準急で運転します。
 運転区間: 上新庄 − (相川) − (正雀) − 南茨木 − 茨木市

7300系、3300系の2車種を運転できます。特徴の異なる3つのダイヤを用意しています。

デジタル速度指示計や阪急のATS表示器を忠実に再現めまぐるしい信号変化とあいまってリアルな運転をお楽しみいただけます。

・現地で録音した走行音はもちろん、踏切警報機音・ポイント通過音・列車のすれ違い音も再現し、まるで本物の電車を運転しているかのような臨場感を味わえます。

バージョン情報

動作OS  Windows XP SP3, Windows Vista SP2, Windows 7 64ビット版/32ビット版
      (※他のWindowsでも動作する可能性はありますが確認していません。)
種別  フリーソフトウェア
※Visual Basic 6.0 SP6ランタイム、Intel Indeoドライバー5.1が必要です。

バージョン2.01 2009年11月3日リリース

ダウンロード(79.8MB)→ベクターのサイトからダウンロードしてください。

ベクターでの通算ダウンロード数21685本を記録!
(2007年7月12日〜2016年4月28日)

作品の詳細内容説明

●初めてプレイする時
・zipファイルを適当なフォルダに展開してください。
【注記】展開フォルダ内にあるtrainshumi.exeとmovieフォルダ・soundフォルダ・imageフォルダ間の位置関係を変更したり、ファイル名を変更したりすると、ソフトが正常に動作しませんのでご注意ください。

・movieフォルダ内のaviファイルをWindows Media Playerで再生できるかご確認ください。
再生できなかった場合は、下記内容をご対応ください。
【注記】作業により全てのPC機種での動作を保証するものではありませんので、ご了承ください。また、作業により万一生じたいかなる損害に対して、作者は免責とさせていただきます。慎重に作業なさってください。
<Windows Vista, Windows 7など>
(1)
 スタートメニューの中の「すべてのプログラム」「アクセサリ」を開き、「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択して起動します。(※一般ユーザとして起動すると権限の関係により次のステップで失敗します。)
(2) コマンドラインに次の文字列を入力してリターンキーを押してください。
  
Windows Vista,7 32ビット版の場合 regsvr32 ir50_32.dll を入力してリターン。
  
Windows 7 64ビット版の場合 cd c:/Windows/SysWOW64 を入力してリターン。regsvr32 ir50_32.dll を入力してリターン。
(3) 「DLLRegisterServer は成功しました。」と表示されればOKです。Windows Media Playerにて動画が再生できることをご確認ください。
解説:Windows Vistaでは、動画再生に用いるIntel Indeo Codec 5.1がデフォルトOFFされていることがあります。しかしCodec自体はインストールされているため、本コマンド実行により有効化します。
<上記対応でも解決しない場合/WindowsXPの場合>
下記URLからLigos Indeo Codec 5.11をダウンロード・インストールすることで解決できる場合があります。
http://www.free-codecs.com/indeo_codec_download.htm

●ソフトの起動
・trainshumi.exeを(ダブルクリックなどで)実行してください。
【注記】起動する前に、負荷のかかるアプリケーションは全て終了してください。走行映像や音声が正常に再生できないことがあります。

・ダウンロードしたファイルを実行しようとすると、Windowsの仕様上セキュリティ警告が表示される場合があります。trainshumi.exeを右クリック−プロパティで全般タブを選択し、「ブロックの解除」ボタンを押すことで警告を表示しないようにできます。

・本ソフトは640×480ピクセルの画面で最適化しています。trainshumi.exeを右クリック-「プロパティ」-「互換性」タブのディスプレイ設定にて「640×480の解像度で実行する」のチェックをONすることで、全画面表示できます。

●操作方法
全てキー操作です。 (詳しくは、ソフトに同梱の取扱説明書を参照してください。)

(6300系・7300系の場合)
・ノッチは加速度に応じてP1〜P5まで5段階、ブレーキはB1〜B6の常用6段階とE(非常ブレーキ)があります。
・「↓」:ノッチを1段投入する・ブレーキを1段緩める
・「↑」:ノッチを1段下げる・ブレーキを1段強める
・「←」:マスコンをN位置(ノッチ・ブレーキともにOFFの状態)にする
・「→」:ブレーキをかけているとき、B1まで緩める
・スペースキー又は「Z」キーを押すと警笛(空笛)を鳴らすことができます。
・「X」キーを押すと警笛(電笛)を鳴らすことができます。

(3300系の場合)
・ノッチはP1〜P5の5段、ブレーキはB1〜B7の常用7段とE(非常ブレーキ)となっています。
・ノッチ:「↓」「↑」キー、ブレーキ:「→」「←」キーで操作します。
・ノッチ投入時に「←」キーを押すと、一気にノッチOFFすることができます。
・スペースキー又は「Z」キーを押すと警笛(空笛)を鳴らすことができます。
・「X」キーを押すと警笛(電笛)を鳴らすことができます。
【注記】ノッチとブレーキを同時に投入することはできません。

●ATS表示器
阪急のATSは地上・車上ともに連続制御であり、次の信号現示を確認できなくとも、運転席にあるATS表示器で現在の制限速度が常時表示され、信号現示によって変換しています。
・「F」             ATSによる速度制限はありません。
・「70」            時速65km/h以下で走行してください。
・「50」            時速45km/h以下で走行してください。
・「30」            時速25km/h以下で走行してください。
・「20」            時速15km/h以下で走行してください。
・「0」(N現示)    停止していなければなりません。

・進行信号の場合は「F」。
・減速信号の場合は信号機直下で「70」。
・注意信号の場合、手前のA点で「70」、信号機直下で「50」となります。
・警戒信号の場合は信号機直下で「30」。
・停止信号の場合、手前のA点で「30」、手前のS点で「20」、信号機直下で「0」(N現示)となります。

A点、S点による速度制限が近付くと、ATS表示器左下に点滅で予告します。減速時の参考にしてください。
ATS現示速度をオーバーすると、自動的に常用最大ブレーキがかかります。

南茨木駅手前ではS標が点滅します。
S標の後、この標識を通過した時点でATS現示器は「70」になります。
また、ホーム端に来るまでに「50」、停止位置直前で「30」となります(駅により異なります)。

その他、駅間最高速度が決められており、運転画面右下に表示しています。なお、カーブによる速度制限は本ゲームではありません。

●各ダイヤのポイント
11:46発 昼間のパターンダイヤです。茨木市退避の普通電車を追います。南茨木手前で注意信号が現示されることがあります。
8:39発 先行の普通電車2本を追いますので、遅延状況によっては信号がめまぐるしく変化します。1本は正雀どまりです。
9:13発 先行列車の影響を最も受けるダイヤです。南茨木手前まで速度を落として運転します。

●お知らせ
・最新ダイヤでは高速パターンによる停車が開始されているようですが、本ソフトでは対応していません。
・本作品は摂津市駅開業前にゲーム化しています。

スクリーンショット

列車選択画面

7300系運転画面

3300系運転画面

 
デモムービー
 

>>このページの先頭へ

Copyright トレイン趣味!All rights reserved.