トレイン趣味」オフィシャルサイト

HOME 作品ラインアップ よくあるご質問 イベント出展など

サイトのご案内

ようこそ「トレイン趣味」オフィシャルサイトへ

弊サイトへアクセスいただき、誠にありがとうございます。

実写映像による電車運転シミュレーションゲームを制作しています。
皆さんにも楽しんでいただけるように、「トレイン趣味」シリーズとしてフリーソフト(無料)として公開しています。
先行列車を想定した信号変化、ランダムな遅延シミュレートなど、作者なりに”本物の運転”にこだわって作っています。
走行音はもちろん、踏切警報機音、ポイント通過音、列車のすれ違い音も再現し、実写映像とあいまってリアルな雰囲気を楽しめます。
誰もが一度はあこがれる運転士さんの気分を味わっていただけますと幸いです。

ソフトウェアのダウンロードは、作品紹介ページよりリンクしておりますベクターサイトよりお願いいたします。

早速、作品ラインアップを見る

お知らせ

・弊サイト、「トレイン趣味」シリーズ(ソフトウェア)を使用したことによって万一生じたいかなる損害に対しても、作者は免責とさせていただきます。
・弊サイトへのリンクはフリーです。また、「トレイン趣味」を皆様のWebサイトやブログ・掲示板・YouTubeなどで自由にご紹介ください。
 「トレイン趣味」バナー 画像ファイル
・「トレイン趣味」を雑誌などの媒体へ転載する場合は、メールにて必ず作者の了解を得てください。
・「トレイン趣味」を各種イベントや文化祭・学園祭などで展示・出展をご希望の場合は、メールにて必ず作者に事前にご相談ください。
・弊サイトからの相互リンクは申し訳ございませんが受け付けておりません。
 代わりに、もしよろしければ、弊サイトの姉妹サイトKochanのトレイン趣味資料室からの相互リンクを受付いたします。
・ソフトウェア及び弊サイトのアイコンは駅旅・ゆけむり研究室様よりご提供いただいております。
・弊サイト及びソフトウェアに関して鉄道会社との関係はございませんので、鉄道会社へのお問い合わせはご遠慮ください。
・ソフトウェアや弊サイトへのご意見・ご感想は下記メールアドレスまでお願いします。
 なお、作者はサポートの義務を負わないものとします(できるだけ努力はします)。
 (Kochanのソフト部屋)
  【注記】メールを送る際には、最低限のマナーを守ってください。
   特にソフトが動作しない場合は、下記の「よくあるご質問」をお読みいただき、それでも解決できない場合にご連絡ください。

よくあるご質問

・ダウンロードした後、どうしたらプレイできるのか分かりません。(初心者の方)
展開用ソフト(解凍ソフト)を用いて展開してください。
初心者向けのページがベクターサイトに用意されていますので、参考になさってください。
http://www.vector.co.jp/for_users/guide/
※ファイルを右クリックし、ポップアップメニューの中から「すべて展開...」を選択して展開を実行することもできます。
展開が完了したら、ゲームを始める方法(初めてプレイする時)のページにて、OS別に詳しい手順を説明していますので、必要なインストールや設定を行ってください。
操作はすべてキーボードで行います。操作方法についてはフォルダ内の取扱説明書をお読みください。

・ソフトを起動しようとしたら、最初の画面が表示されることもなく、いきなり強制終了しました。
DirectX エンド ユーザー ランタイムがインストールされていないためと思われます。
ゲームを始める方法(初めてプレイする時)のページにて、OS別に詳しい手順を説明していますので、必要なインストールや設定を行ってください。

・プレイしようとしたら、Now Loading...の画面でフリーズしました。
走行映像ファイルの再生初期化のため、Now Loading...画面を約10秒表示します。15秒以上経過しても画面が切り替わらない場合は、走行映像の動画ファイル読み込みに失敗していると考えられます。
ゲームを始める方法(初めてプレイする時)のページにて、OS別に詳しい手順を説明していますので、動画コーディックの設定を行ってください。
Windows 10 で大幅なアップデートがあった場合にも、動画コーデックの設定を再度行う必要があります。

・ソフトを起動しようとしたら、セキュリティの警告が表示されました。
「実行」をクリックすることで、ソフトを起動できます。

なお、次の手順により警告を表示しないようにできることがあります。
trainshumi.exeを右クリック−プロパティで全般タブを選択、「ブロックの解除」ボタンを押してください。

・バージョンアップがあったようですが、何が変わったのですか。
変更点は、各ソフトに同梱している取扱説明書末尾に記載しています。

次回作以降の路線は、要望を出せばゲーム化してもらえるのでしょうか。
今後の参考としてご要望はお聞きしますが、ゲーム化の是非や優先度は、あくまで作者都合にて判断させていただきますことをご了承ください。

無料でご提供させていただくのが「トレイン趣味」シリーズの重要なコンセプトであり、ゲーム化のためだけに多額の取材費用をかけることはできません(関西圏外の路線は作者の用事のついでに限られた時間で取材しています)。また、あくまで作者自身が楽しめる路線を、皆さまと共有させていただくものと考えております(作者自身が楽しくないゲームを制作することはあり得ません)。

映像資料等のご提供を打診いただいた場合はできるだけ詳細をお聞きしたいとは思いますが、ゲーム化に必要な資料がそろうためのハードルは高いものと認識いただければと思います(ゲームの品質を維持するためにご理解ください)。また、資料がすべてそろったとしても、作者が既に持っている資料と併せて候補路線の1つにはなりますが、ゲーム化をお約束できるものではありません。予めご了承願います。

・次回作の候補路線を教えてください。
作者から候補路線について具体的に提示することは控えさせていただいております(ただし作者が提示可能と判断した場合は例外もあります)。
これは、次回作候補路線が決定したかのように情報が独り歩きし、結局ゲーム化が実現できなかった場合に、楽しみにされていた皆さんの期待を大きく裏切ってしまうことは避けたいためです。どうかご理解ください。

作者からは、ゲーム化の目処が立った時点で試作品として先行公開しておりますので、次回作についてはその案内をご覧ください。

・「運転開始」をマウスクリックしても次の画面に進めません。
「トレイン趣味」シリーズはキーボードで全ての操作を行います。マウスクリックでの操作は行えません。
操作方法は取扱説明書をご参照願います。

・アスペクト比固定してフルスクリーン表示するには?
ワイドディスプレイなどにおいて、640×480解像度で全画面表示すると横長に表示されることがあります。PC環境によって対応は様々に異なるため、作者からのサポートはいたしませんのでご了承ください。
アスペクト比固定のままフルスクリーン化する方法は次の3種類があるようです。
(1)お使いのディスプレイのアスペクト比固定機能を利用する。
(2)ビデオドライバのユーティリティソフトなどでアスペクト比固定に設定する。
(3)フルスクリーン化するフリーソフトなどを利用する。

・速度計や信号などの位置がずれて表示され、エラーが発生します。
Visual Basic6.0で制作した作品の場合、ディスプレイの設定が拡大状態にあると、画像が正しく表示されないことがあります。
この場合、PCのディスプレイ設定を変更することで、不具合回避できる場合があります。
Windows 7 の場合の手順例:
(1)デスクトップ上を右クリックし、「個人設定」を選択する。
(2)個人設定の画面左下にある関連項目の「ディスプレイ」をクリックする。
(3)下の画面が表示されたら、「小-100%」を選択し、画面右下の「適用」ボタンを押す。設定を反映するには一旦ログオフする必要があります。

・ソフトを起動すると、タイトル画面などで文字化けが起こり正しく表示されません。
Visual Basic6.0ランタイムライブラリが最新でないことで日本語対応できていない場合、文字化けすることがあります。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win95/util/runtime/index.html
より、最新のランタイムライブラリをインストールしてください。
また、本ソフトは原則として日本語OSのみ対応していますのでご留意ください。

>>このページの先頭へ

Copyright トレイン趣味 All rights reserved.